小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  展覧会(ただいま開催中)  >  北斎展―世界が絶賛した浮世絵師―

展覧会

本日は開館日です

しばらくお待ちください
 は休館日
特別展 1F展示室

北斎展―世界が絶賛した浮世絵師―

最終更新日[2013年5月24日]
会期
2013年3月30日(土)~2013年5月19日(日)
会場
熊本県立美術館本館 一階展示室
休館日
毎週月曜日
ただし月曜日が祝日の場合は開館
5月 7日(火)は「障害のある方々の鑑賞デー」
観覧料
一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(640円)
小・中学生 500円(400円)
(税込)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児は無料
※障がい者手帳をお持ちの方は無料。入場口にて手帳をご提示ください。
チケット取扱い店
■チケットぴあ/セブンイレブン サンクス 
■ローソンチケット/ローソン 
■熊本交通センター 地下一階
■びぷれす熊日会館 地下一階
■ムサシプラザ
富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

基本情報

 主  催:TKUテレビ熊本 熊本県立美術館

 監  修:中右瑛(国際浮世絵学会常任理事)

 企画協力:ステップ・イースト

 

展覧会概要

 江戸時代後期に活躍した浮世絵の巨匠・葛飾北斎(1760-1849)の、貴重な肉筆画から、代表作「富嶽三十六景をはじめとし、「忠臣蔵」「東海道五十三次」といったシリーズもの、役者絵、妖怪絵のほか、西洋の技術である銅版画に感銘を受けたことにより生まれた洋風画などの作品を通して、北斎芸術の全貌を紹介いたします。

また、北斎に影響を強く受けたといわれる弟子たちと、フランス人画家アンリ・リヴィエール(1864-1951)の「エッフェル塔三十六景」も紹介し、なぜ北斎が高く評価されたのかを、様々な角度から検証し、北斎の人気の秘密に迫ります。

nami 自画像 美人

葛飾北斎

《富嶽三十六景》より

「神奈川沖浪裏」

葛飾北斎

《北斎自画像》

蹄斎北馬 
《遊女十二態の内》

 

yuurei te

葛飾北斎《百物語》より

「さらやしき」

葛飾北鼎
《手鏡を見る娘》

 

関連イベント

特別講演会
「北斎90年波瀾万丈の人生」
【日時】4月27日(土)13:00~(約90分)
【会場】本館講堂
【講師】中右瑛(国際浮世絵学会常任理事)
【聴講費】無料(どなたでも聴講できます)
【申込】不要(先着順・定員150名)
 
子ども美術館
「消しゴムはんこで浮世絵の秘密を見つけよう」

【日時】4月21日(日) 10:30~12:00
【場所】本館講堂
【参加費】無料
【申込】不要

 

障がいのある方々の鑑賞デー

通常休館日である月曜日(祝日の場合は翌日)を臨時開館とし、障がいのある方々にゆっくりと展覧会をご観覧頂くためのイベントです。当日は障がいのない方も有料にて御覧になれますが、障がいのある方々が優先となります。また、午前・午後に分けて、学芸員による手話通訳付きの解説も行なわれます。

【日時】5月7日(火)

 

 
このページに関する
お問い合わせは
熊本県立美術館
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。