小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  展覧会(これから)  >  第Ⅲ期〈特集〉武蔵、熊本にきたる!

展覧会

本日は休館日です

しばらくお待ちください
 は休館日
細川コレクション展 細川コレクション展示室

第Ⅲ期〈特集〉武蔵、熊本にきたる!

最終更新日[2018年9月11日]
会期
2018年10月6日(土)~2018年12月16日(日)
作品保護のため、会期中に作品を一部入れ替えます。
前期/10月6日~11月4日
後期/11月6日~12月16日
会場
細川コレクション展示室
(本館二階展示室第1室)
休館日
毎週月曜日
ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
観覧料
一般270円(190円)、大学生160円(120円)
■( )内は20名以上の団体料金
■この料金で「細川コレクション」「美術館コレクション」の両方をご覧になれます。
■高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料
poster

〈特集〉武蔵、熊本にきたる!

 剣豪として有名な宮本武蔵は、寛永17年(1640)に熊本を訪れ、ここに終の棲家を見出します。それでは、武蔵は、熊本でどのような晩年を過ごしていたのでしょう。そして、どのような思いを、作品を、熊本に残したのでしょう。

 この特集展示では、永青文庫所蔵の武蔵関連作品をはじめ、松井文庫に伝来した作品を一堂に展示し、剣術修行や指南のみならず、書画にもいそしんだ武蔵の晩年、そして当時の熊本にスポットをあてます。また、本展には、岡山県立美術館の武蔵コレクションも特別展示。ゆかりの地で収集された名品群も、あわせてご覧いただきます。この秋、選りすぐりの武蔵作品が熊本にせいぞろいです!!!


■ 主催

熊本県立美術館 熊本日日新聞社 RKK熊本放送

■ 特別協力

公益財団法人永青文庫 一般財団法人松井文庫 岡山県立美術館

■ 協力

肥後銀行


宮本武蔵像
周茂叔図
宮本武蔵、すわった姿の肖像画
《宮本武蔵像》江戸時代中期(18世紀)熊本県立美術館所蔵(前期)
儒学者林羅山との交流を示す来熊以前の作品
宮本武蔵筆・林羅山賛《周茂叔図》江戸時代初期(17世紀)岡山県立美術館所蔵(前期)

熊本城東面図
往時の熊本城を描く
赤星閑意《熊本城東面図》明治時代(19世紀)永青文庫所蔵(後期)

達磨・浮鴨図3 達磨図 達磨・浮鴨図1
 
熊本時代の武蔵を支えた松井家伝来の三幅対
宮本武蔵《重要美術品 達磨・浮鴨図》江戸時代初期(17世紀)松井文庫所蔵、八代市立博物館寄託(後期)

遊鴨図
公家烏丸光広との交流を示す貴重な作品
宮本武蔵筆・烏丸光広賛《遊鴨図》江戸時代初期(17世紀)岡山県立美術館所蔵(後期)

鵜図
武蔵所用鞍
武蔵の画業における基準作
宮本武蔵《国指定重要文化財 鵜図》江戸時代初期(17世紀)永青文庫所蔵、熊本県立美術館寄託(前期)
武蔵が手がけたという重厚な鞍
宮本武蔵《八代市指定文化財 黒漆金銅牡丹文鞍》江戸時代初期(17世紀)松井文庫所蔵、八代市立博物館寄託

独行道
武蔵が記した生き方の理想形
宮本武蔵《熊本県指定文化財 獨行道》江戸時代初期(17世紀)鈴木猛氏寄贈、熊本県立美術館所蔵


関連イベント

学芸員によるギャラリートーク

会期中の毎月第2・第4日曜日の14時から、当館学芸員が展示作品について30分程度解説いたします。開始時間前に2階会場入口までお越し下さい。なお、ギャラリートークのご参加には観覧料が必要です。

※なお、ギャラリートークは、美術館コレクション特集「変革の扇動者 佐々木耕成アーカイブ」及び常設展「熊本の仏教美術と歴史」の担当者とローテーションして実施します。実施日により対象となる展示や内容が異なりますので、ご注意ください。


【実施日・テーマ】
10月14日(日)
・武蔵と熊本(山田貴司)
・佐々木耕成とジャックの会(林田龍太)
10月28日(日)
・熊本の仏教美術と歴史(萬納恵介)
・佐々木耕成とジャックの会(林田龍太)
11月11日(日)
・熊本の仏教美術と歴史(萬納恵介)
・佐々木耕成とジャックの会(林田龍太)
11月25日(日)
・熊本の仏教美術と歴史(萬納恵介)
・武蔵と熊本(山田貴司)
12月9日(日)
・熊本の仏教美術と歴史(萬納恵介)
・佐々木耕成とジャックの会(林田龍太)


■おしゃべり鑑賞タイム

「子ども美術館」開催日の正午から午後2時までの2時間を「話しながら鑑賞してもよい」時間帯

とするものです。ご家族やお友達とお話ししながら鑑賞を楽しめます。

【日時】10月21日(日)12:00~14:00

このページに関する
お問い合わせは
熊本県立美術館
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。