小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  展覧会(これまで)  >  雪舟流と狩野派―細川家を魅了した日本絵画の至宝―

展覧会

本日は休館日です

しばらくお待ちください
 は休館日
特別展 2F展示室

雪舟流と狩野派―細川家を魅了した日本絵画の至宝―

最終更新日[2016年8月30日]
会期
2016年8月30日(火)~2016年10月10日(月)
前期:8月30日(火)~9月19日(月・祝)
後期:9月21日(水)~10月10日(月・祝)
 ※主要作品の大半が前期・後期で入れ替わります

会場
熊本県立美術館 2階展示室
休館日
月曜休館(祝日の場合は開館し、翌日休館。)
10月3日(月)は障がいのある方々の鑑賞デーとして開館。
観覧料
前売・団体:一般800円 大学生500円
当 日:一般1,000円 大学生700円

別棟細川コレクション展示室との共通観覧券
一般1,100円 大学生800円
(団体は200円引き)

高校生以下、障がい者無料 
※団体料金は20名以上

リピーター割引
本展の半券持参の方は、会期中1回に限り、
一般500円、大学生300円
でご観覧いただけます。
ポスター

開催情報

〈主 催〉

熊本県立美術館、熊本県民テレビ(KKT)、熊本日日新聞社

〈特別協力〉

公益財団法人永青文庫

〈協  力〉

肥後銀行

〈後  援〉 

熊本県文化協会 熊本県美術家連盟 熊本県市町村教育委員会連絡協議会 

熊本県図画工作・美術教育研究会 熊本県高等学校教育研究会美術・工芸部会 

熊本県高等学校文化連盟 熊本県博物館連絡協議会

NHK熊本放送局 エフエム熊本 FM791

〈協  賛〉

熊本トヨペット株式会社

 

展覧会概要

 平成28年に開館40周年を迎えた熊本県立美術館。古代から現代美術までを網羅する総合美術館として、多岐にわたる活動の中でも、熊本の御用絵師の調査・研究は、大きな柱の一つで、その成果を「肥後の近世絵画」(1979年)、「細川藩御用絵師・矢野派」(1996年)といった展覧会で紹介することで、熊本の近世絵画史研究を構築してきました。
 本展覧会は、開館40周年を記念して、これまでの当館の成果を踏まえ、細川家が築き上げた御用絵師による優れた絵画文化を紹介し、さらにその元となった雪舟流と狩野派という二つの画流を、室町・桃山時代まで遡ってその展開をたどるものです。
 また、細川家に伝わる近世絵画の名品はもちろんのこと、細川三斎ゆかりの作品である《倣高克恭山水図巻》(重要文化財)(山口県立美術館蔵)、当初は一連の障壁画であった永青文庫所蔵と京都国立博物館所蔵の《狩猟図》の再会、江戸時代に八代松井家に伝わり、矢野派の作品の範となった長谷川派による《波濤図屏風》(出光美術館蔵)と、さらにその図様の元である長谷川等伯筆《波濤図》(重要文化財)(京都・禅林寺蔵)といった、細川家や熊本にゆかりのある名品を多数展示いたします。
 

雪舟という「規範」

山口

雪舟が九州で描き、のちに細川三斎が切断させて後半部を所持した画巻

【重要文化財】雪舟《倣高克恭山水図巻》 室町時代(15世紀)

山口県立美術館蔵

〈前期展示〉

真山水図富士三保送別詩

山口で描き、朝鮮で着賛された周文風の山水図

【重要文化財】雪舟《山水図》 室町時代(15世紀)

香雪美術館蔵

〈展示期間:9/27~10/10〉

「雪舟の渡唐富士」として、江戸時代を通じて有名だった作品

伝雪舟《富士三保清見寺図》

室町時代(16世紀)

永青文庫蔵

雪舟が北京滞在中に魯庵という僧から送られた送別の詩

魯庵《送雪舟詩並序》

室町時代(15世紀)

永青文庫蔵

 
山水図巻

南宋・夏珪の画風に倣った、「山水小巻」とも呼ばれる画巻

【重要文化財】雪舟《四季山水図巻》 室町時代(15~16世紀)

京都国立博物館蔵

〈後期展示〉

 

狩野派の席巻

真山水図

狩野派の原点とも言える、元信による謹直な山水図

狩野元信《真山水図》 室町時代(16世紀)

京都国立博物館蔵

〈前期展示〉

 
四季山水図

元信・永徳の両巨匠の競演による四季山水図屏風

(右隻)狩野元信(左隻)狩野永徳 《四季山水図屏風》 室町時代(16世紀)

香雪美術館蔵

〈後期展示〉

 

狩猟図

 

狩猟図

元は同じ部屋を飾っていた狩野山楽一派による襖絵が、時代を超えて再会!

旧正伝院障壁画《狩猟図》 桃山時代(17世紀)

上:京都国立博物館蔵/下:永青文庫蔵・熊本県立美術館寄託

〈後期展示〉

 
花鳥図

初紹介!狩野光信筆と箱書に伝えられる古風な花鳥画の三幅対

伝狩野光信《花鳥図》 桃山~江戸時代前期(17世紀)

松井文庫蔵

 

雪舟を継いだ絵師たち

波濤図5

 

波濤図4

矢野派にも影響を与えた、長谷川等伯の代表作の一つ
【重要文化財】長谷川等伯《波濤図》 桃山時代(16~17世紀)

禅林寺蔵・京都国立博物館寄託
〈前期展示〉

 
等顔

雪舟を受け継いで雲谷派を興した雲谷等顔の若い頃の優品

雲谷等顔《竹林七賢図屏風》 桃山時代(17世紀)

永青文庫蔵・熊本県立美術館寄託

 
松に虎竹に虎

細川三斎が下絵を描き、矢野派初代吉重が描いたと伝わる屏風絵。

伝矢野吉重《松に虎・竹に虎図屏風》 江戸時代前期(17世紀)

熊本県立美術館蔵

〈前期展示〉

 

狩野派と熊本

言信だんせんず清正像

狩野永徳四男ともいわれる狩野言信の唯一確認されている現存作品

狩野言信《住吉社頭図》

桃山時代(17世紀) 

熊本県立美術館蔵

加藤清正が招聘した狩野言信一派が描いた熊本城障壁画の一部と伝わる作品

伝狩野言信《団扇図》

桃山時代(17世紀) 

熊本県立美術館蔵

没後間もなく狩野派によって描かれた清正の肖像画
《加藤清正像》
桃山時代(17世紀)
個人蔵・八代市立博物館未来の森ミュージアム寄託

 
源氏

肥後狩野派の成信によって描かれた源氏物語の情景

狩野成信《源氏物語図屏風》 江戸時代前期(17世紀)

(個人蔵)


矢野派の再興と興隆

雪叟 雪叟

矢野派を再興した雪叟による桃山時代風の双幅

矢野雪叟《旭日に鷹図》 江戸時代中期(18世紀)

 熊本県立美術館蔵

 
雪叟

雪舟や初期狩野派を学んだ雪叟による古様な楷体の山水図

矢野雪叟《山水図屏風》 江戸時代中期(18世紀)

熊本県立美術館蔵

 
波濤図

八代城に伝わった長谷川派《波濤図屏風》に倣った作品
矢野良勝《波濤図屏風》 江戸時代後期(18~19世紀)

熊本県立美術館蔵


《領内名勝図巻》―熊本近世絵画の到達点―

矢野良勝・衛藤良行《領内名勝図巻》全14巻 江戸時代後期(1793頃)より
永青文庫蔵・熊本県立美術館寄託
菅尾

「阿蘇郡菅尾手永之内」(矢野良勝筆)

〈前期展示〉

 
杖立

「阿蘇郡北里手永 杖立川路越図」(矢野良勝筆)

〈後期展示〉

 
矢部

「上益城郡矢部手永之内」(衛藤良行)

〈前期展示〉


牧山

「芦北郡田浦佐敷湯浦手永之内」(衛藤良行)

〈後期展示〉

※展示作品や展示期間は、変更になる場合があります。
 

関連イベント

■スライド・トーク

20名以上のグループ・団体への鑑賞プログラム(約20分の解説 ※要予約
【実施期間】展覧会会期中(休館日を除く/業務都合等で対応できない日があります)

【講師】金子岳史(当館学芸員)
※詳しくは県立美術館(TEL 096-352-2111)までお問い合わせください。

 

■ミュージアムセミナー

「熊本から見た江戸絵画史」

【日時】10月8日(土)14:00~15:00

【場所】本館講堂

【講師】金子岳史(当館学芸員)

【参加費】無料

【申込】不要

 

■特別講演会

「雪舟と狩野派、そして細川三斎」

【日時】9月10日(土)13:30~15:00

【場所】本館講堂

【講師】三宅秀和(群馬県立女子大学講師)

【参加費】無料

【申込】不要

 

■子ども美術館

「めざせ!雪舟流と狩野派鑑定団」

【日時】9月25日(日)10:30~12:00

【場所】本館講堂

【受付】当日受付40名、参加無料

 

このページに関する
お問い合わせは
熊本県立美術館
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。