小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  二の丸だより  >  連続ミュージアムセミナー①「画家たちの上京」

二の丸だより

連続ミュージアムセミナー①「画家たちの上京」

2014年8月9日(土)
8月9日(土)連続ミュージアムセミナー①「画家たちの上京」を開催しました。

連続ミュージアムセミナー①「画家たちの上京物語」

画家たちの上京

■期日   8月9日(土)

■時間   14:00~15:00

■場所   講堂

■講師   主任学芸員 林田龍太

■参加者 35名

■内容

 「熊本⇔東京 画家たちの上京物語」展に合わせて、ミュージアムセミナーを開催しました

 

第1回目では、19201930年代、熊本市街の再開発によって変貌していく熊本市の様子と、大塚耕二、坂本善三、浜田知明の3人をつつんでいた絵画環境を中心に、作品だけでなく、当時の写真や資料などを用いて解説しました。

 

聴講された方々は、今の熊本市と重ね合わせながら興味深そうに話を聞いておられ、特に、これまでの写実的な絵画から、「巴里新興美術展」で前衛芸術に触れた時の浜田知明氏の「よくわからなかった」という感想にはみなさん親近感をもってうなずいておられるようでした。

 

今回のセミナーでは多くの資料が提示されたことによって、単なる過去の話・・・ではなく“今現在へと繋がる熊本の歴史”としてより身近に体感することができたように思います。そのためかセミナー終了後も白熱した質疑応答が交わされ、次回への期待が高まった1時間となりました。