小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  二の丸だより  >  連続ミュージアムセミナー②「画家たちの東京」

二の丸だより

連続ミュージアムセミナー②「画家たちの東京」

2014年8月23日(土)
連続ミュージアムセミナー②「画家たちの東京」を開催しました。

連続ミュージアムセミナー②「画家たちの東京」

画家たちの東京

■期日   8月23日(土)

■時間   14:00~15:00

■場所   講堂

■講師   主任学芸員 林田龍太

■参加者 83名

■内容

 第2回目のセミナーは、まず、昭和初期における東京の様子が、当時流れていた音楽やその頃を描いた映画などで紹介され、会場内に、繁栄と不安が交錯する当時の東京にいるかのような雰囲気が流れる中、大塚耕二、坂本善三、浜田知明の3人の画家たちの歩みが紹介されました。

 

 3人の画家たちの師弟関係や交友関係、大学時代の下宿、親戚に宛てた手紙、憧れの師に出会ったときの感想など、人間味溢れる青春時代が多くの資料と写真で紹介され、聴講された方々は、身を乗り出して興味深そうに聞いておられました。

  また、大塚耕二をはじめとする同級生によって結成されたグループ〈表現〉の展覧会を浜田知明が観覧しており、東京という地で時に交差し、すれ違う画家たちの姿をより身近に体感できた1時間となりました。

 

 連続ミュージアムセミナーも次回(8月30日(土))が最終回となります。次回は戦中・戦後の熊本の美術の流れをたどりながら、画家たちがそこにどのように関わってきたかが紹介されます。

 

 ミュージアムセミナーは聴講無料となっておりますので、この機会にぜひご参加ください!