小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  二の丸だより  >  ミュージアムセミナー「大名と能」

二の丸だより

ミュージアムセミナー「大名と能」

2015年7月18日(土)

ミュージアムセミナー「大名と能」

大名と能

 

大名と能

■期 日    7月18日(土)

■時 間    14:00~15:00

■場 所    講堂

■講 師    学芸員 才藤あずさ

■参加者    59名

■内 容

 現在、開催中の展覧会、細川コレクションⅡ特集「大名と能」に関連したミュージアムセミナーを開催しました。

 今回は、南北朝時代から室町時代にかけて成立した舞台芸能である「能」について、能が武家社会へどのようにひろがり武家儀礼に用いられる芸能(式楽)へと発展したのかを紹介。そして、「丹後細川能番組」という17年間の能の記録が記されている能資料から、細川忠興を中心に、弟の興元、幸隆、孝之らが出演し、太鼓の名手であった幽齋が演奏した演目などが紹介されました。 さらに細川家に伝来する能面、能装束についてのくわしい解説など内容の濃い1時間となりました。

 第4回目となる本セミナーでは、たいへん暑い中ご来館いただき、さらに「この日を楽しみにしていました」というお言葉までかけていただきました。心より感謝申し上げます。

 今後も、ミュージアムセミナーがみなさまの鑑賞を楽しむための一助となれば幸いです。

 

 次回は、8月8日(土)当館学芸課参事 井上正敏 による 「浜田知明のすべてを語る(銅版画を中心に)」 です。また、8月29日(土)には同講師による「浜田知明のすべてを語る(彫刻作品を中心に)」 を開催致しますので、ぜひ、ご聴講ください。

 ミュージアムセミナーは聴講無料、事前申込み不要でご参加いただけます。

このページに関する
お問い合わせは
熊本県立美術館
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512