小中大
文字サイズ
ご案内パンフレット〔PDF〕 日本語/English Chinese Korean
ホーム  >  よくある質問  >  Q:美術館で写真撮影をすることはできますか?

よくある質問

本日は開館日です

しばらくお待ちください
 は休館日

Q:美術館で写真撮影をすることはできますか?

最終更新日[2017年4月11日]

A:著作権法上、屋外に展示されている彫刻作品および建築物につきましては写真撮影がみとめられています。

 また、当館では一部館蔵品に限り、フラッシュ、三脚、セルカ棒(自撮り棒)の使用、ブログ・SNSへのアップロード等を禁止のうえで写真撮影をみとめています。

 撮影可能な作品には以下のアイコンを提示しています。

 

camera

 

 写真撮影の詳細に関しましては、下記ガイドラインをご参照ください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


熊本県立美術館 館内撮影ガイドライン

 

熊本県立美術館本館では、著作権法上の手続きを必要としない館蔵品を、私的使用に限り、ご来館者のみなさまが撮影いただけます。撮影の際には、下記の点をご了承ください。

 

  • 撮影は他のご来館者のみなさまの鑑賞の妨げになりませんよう、良識の範囲内でご撮影ください。
  • 商業目的、広報等での撮影は、従来どおり当館へご申請をお願いいたします。
  • 三脚、一脚などのカメラ以外の機材の持ち込み、フラッシュ等光を発する器具、セルカ棒(自撮り棒)の使用は固くお断りいたしております。
  • 撮影は常設展示室内の「撮影可」のマーク(カメラのアイコン)がある作品に限り、可能です。その他の常設展の作品及び当館以外からの借用品、寄託品、また特別展の撮影はできません。
  • 写真の撮影は私的使用に限りみとめられています。私的使用とは、個人的に、あるいは家庭内、その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを指します。個人による非営利目的であっても、ホームページ、ブログ、SNS、YouTubeなど動画サイトへの使用、印刷物への使用、インターネットへのアップロードおよびダウンロード、配布行為等は該当しません。
  • 当ガイドラインは動画撮影をみとめるものではありません。ご了承ください。

 

上記ガイドラインを無視して発生したトラブルに関しては、当館は一切その責を負いません。

また、当ガイドラインの内容は、今後予告なく変更となる可能性があります。

このページに関する
お問い合わせは
熊本県立美術館
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。