小中大
文字サイズ
ホーム  >  展覧会(これから)  >  第Ⅲ期 勇姫-幕末維新期を生きた細川家のお姫さま‐

展覧会

本日は開館日です

しばらくお待ちください
 は休館日
細川コレクション展 細川コレクション展示室

第Ⅲ期 勇姫-幕末維新期を生きた細川家のお姫さま‐

最終更新日[2019年11月19日]
会期
2019年10月22日(火)~2019年12月15日(日)
会場
細川コレクション永青文庫展示室(別棟)
休館日
月曜休館。ただし祝日の場合は翌日休館。
観覧料
【別棟展示室のみ】
一般210円(160円)、大学生130円(100円)

【2階展示室「熊本城と武の世界」との共通券】
一般1100円(900円)
■( )内は20名以上の団体料金
■高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料
ポスター

展覧会概要

 勇姫は、熊本藩第10代藩主・細川斉護の三女として、天保5年(1834)に江戸の熊本藩上屋敷龍口邸にて誕生。母は、斉護の正室・益で、姉たちが誕生後すぐに夭折したため、正室から生まれた唯一の子どもとなりました。生まれつき病弱で、天保13年には天然痘にかかり、一命を取りとめたものの、顔には「あばた」が残ってしまいます。このとき、すでに福井藩第16代藩主・松平春嶽と婚約をしていたので、細川家はその解消を申し入れました。しかし、春嶽は「いったん約束したのだから、たとえ何があっても差支えありません」と解消には応じず、嘉永2年(1849)11月、数えで勇姫16歳、春嶽22歳の年に婚礼が執り行われています。そのわずか半年後、勇姫の未熟さや女中同士の確執により、離婚協議問題が勃発。その危機を何とか乗り越え、最終的にふたりの仲は大変睦まじいものとなり、微笑ましいエピソードが今日まで伝わっています。
 明治20年(1887)、勇姫は54歳でその生涯に幕を閉じました。その間、260年以上にわたって続いた江戸幕府が終わりを告げ、明治天皇を中心とする中央集権的な近代国家が成立。勇姫は、いわば「激動の時代」を生きた女性といえるでしょう。
 本展では、婚礼に係ることを記録した古文書や勇姫ゆかりの品々を展示し、その足跡を辿ります。

 

勇姫と女中たち九曜紋牡丹唐草蒔絵鉄漿道具

勇姫様御結納御婚礼一途

 

≪勇姫と女中たち≫

明治時代撮影(19世紀)撮影

福井県立歴史博物館所蔵

勇姫所用

≪九曜紋牡丹唐草蒔絵鉄漿道具≫

江戸時代後期(19世紀)

葵越文庫 個人所蔵

福井市立郷土歴史博物館寄託

≪勇姫様御結納御婚礼一途≫

嘉永2~3年(1849~50)

永青文庫所蔵

熊本大学附属図書館寄託


 


 

単衣 白絹縮地藤桜牡丹紗綾形模様

勇姫湿板写真

勇姫所用

≪単衣 白絹縮地藤桜牡丹紗綾形模様≫

福井市春嶽公記念文庫 福井市立郷土歴史博物館所蔵

※展示期間:11/19~12/15

≪勇姫湿板写真(複製)≫

慶応3年(1867)撮影

福井市春嶽公記念文庫 福井市立郷土歴史博物館所蔵



関連イベント

■ミュージアムセミナー

「勇姫─幕末維新期を生きた細川家のお姫さま‐」

【日時】11月30日(土)14:00~15:00

【場所】本館文化交流室

【講師】宮川聖子(当館学芸員)

【参加費】無料

【事前申込】不要


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。