小中大
文字サイズ
ホーム  >  展覧会(これから)  >  江戸の動物絵大集合!猿描き狙仙三兄弟

展覧会

本日は休館日です

しばらくお待ちください
 は休館日
特別展 2F展示室

江戸の動物絵大集合!猿描き狙仙三兄弟

最終更新日[2020年3月26日]
猿描き狙仙三兄弟―鶏の若冲、カエルの奉時も
会期
2020年7月18日(土)~2020年9月6日(日)
会場
本館第2展示室
休館日
毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館し、翌平日休館)
観覧料
一般1,000円(800円)、大学生800円(600円)
※( )内は前売・団体20名以上の料金
■高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料
森狙仙《桃に猿図》(部分) 江戸時代(19世紀) 大阪歴史博物館蔵
迫真的な猿の絵で名高い江戸時代の絵師・森狙仙(1747?~1821)と、その兄の陽信や周峰の作品を紹介します。また併せて、鶏の若冲をはじめ、特定の動物画を得意とした江戸時代の京都・大坂の絵師を取り上げます。
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。