小中大
文字サイズ
ホーム  >  展覧会(ただいま開催中)  >  第Ⅱ期 二の丸動植物園

展覧会

本日は開館日です

しばらくお待ちください
 は休館日
細川コレクション展 細川コレクション展示室

第Ⅱ期 二の丸動植物園

最終更新日[2020年7月20日]
親子でみる美術展
会期
2020年7月18日(土)~2020年9月22日(火)
会場
別棟展示室
休館日
毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館し、翌平日休館)
※7月27日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」のため開館します。
観覧料
一般210円(160円)、大学生130円(100円)
■( )内は20名以上の団体料金
■高校生以下 無料/障がい者手帳をお持ちの方 無料
二の丸動植物園ポスター画像

「親子でみる美術展」は、子どもにわかりやすいテーマや作品構成を設定し、美術品や歴史資料に、そして美術館そのものに親しんでもらうことを目的とした展覧会です♪

今回は、細川家ゆかりの作品から、「衣・食・住」に着目し、お殿様やお姫様の生活に関わる動植物たちを紹介します。

「衣」では、お殿さまの甲冑を飾るウサギや、お姫様の着物に刺繍されたコウモリ・柳・撫子など身に着ける物に宿る動植物を紹介。

「食」では、食器に描かれた素朴な鳥や植物たち。食器そのものが貝の形をしたお皿などを紹介。

「住」では、暮らすという広いテーマで「くらしを彩る趣味の世界」と「住まいを彩るインテリアの世界」の2本だて。ロバの形をした香炉、絵画に登場するつぶらな瞳のあのモフモフ集団が登場!

 

前回同様、展示室の解説は子どもにもわかりやすい内容で、クイズパネルなども準備しております!この夏は、熊本県立美術館で動植物たちとの出会いをお楽しみください。


 

 ■お殿さま、お姫さまが身につけた動植物 ちょこっと紹介

《黒革包紅糸威丸胴具足》永青文庫所蔵《紅地柳蝙蝠撫子模様四つ身》熊本県立美術館所蔵

兜にウサギをのせた意味は?

細川慈詮所用《黒革包紅糸威丸胴具足》部分

江戸時代後期(19世紀)永青文庫所蔵(熊本県立美術館委託)

着物にコウモリ?込められた意味は?

《紅地柳蝙蝠撫子模様四つ身》明治時代初期(19世紀)熊本県立美術館

 

 

 ■食を彩る動植物 ちょこっと紹介

《鮑形皿》熊本県立美術館《竹雀蒔絵三段提重》永青文庫所蔵

なんの形?

《鮑形皿》江戸時代後期(19世紀)熊本県立美術館

これはいつ使うの?

《竹雀蒔絵三段提重》明治27年(1884)永青文庫所蔵(熊本県立美術館寄託)

 

 

 ■くらしを彩る動植物 ちょこっと紹介

《唐金驢馬香炉》永青文庫所蔵細川斉茲《猫図》永青文庫所蔵

馬じゃないよ。

《唐金驢馬香炉》不詳 永青文庫所蔵(熊本県立美術館寄託)

だれのネコ?

細川斉茲《猫図》江戸時代後期(19世紀)永青文庫所蔵 ※展示期間:8月16日まで


 

☆こたえは展示室で☆


 

このページに関する
お問い合わせは
熊本県立美術館
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。